2006年08月10日

S新聞なのだ

主にアニメの脚本を書いている脚本家の首藤剛志という人がいるんだけど、
その人のブログで気になることが書かれていた。


以下、首藤剛志のふらふらファイル箱より引用

そして、めちゃくちゃで、ひっきりなしの新聞勧誘員の新聞の勧め方にもうんざりした。
S新聞を読んでいるというというと、不思議と他の新聞の勧誘員が、
あっさりひきさがるので、小田原ではS新聞という事にしていた。


名前は伏せてあるけど、このS新聞って統一教会とズブズブな関係のあの新聞だよね。

別に宗教系の新聞でも無く、政治的な新聞でも無い。
ちょっと論調が、右翼系かも知れないが、


この書きこみを見るとやはり、もう一つのカルト宗教とズブズブの聖教新聞ではなく、
統一教会とズブズブな関係のあの新聞だというのがわかる。
といっても、別に宗教系の新聞でも無く、政治的な新聞でも無い。というのは大嘘だけど。



それで本題だけど、なぜ新聞勧誘員はS新聞を読んでいるというというと
あっさりひきさがるのだろうか?



新聞勧誘員が統一信者で今後もS新聞を読んでもらいたいからか?
もしくは、新聞勧誘員がカルト宗教嫌いでS新聞を購読している統一信者と
関わりたくない一般人だからか、謎が深まるばかりなのだ。




追記

首藤剛志さんは今のマンションの仕事場にはいったらその新聞も断った。
書かれているので、統一信者ではない。
posted by うぇすと at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。