2006年08月28日

ネットウヨクなのだ

今日は何故ネット上でネットウヨクが愚かな行動をとるのか考えてみようと思う。


かの連中には一般人には理解しがたい言論や行動が目立ちますよね。


うむ。掲示板で議論するときにも、彼らは絶対に負けを認めず、
最後に自分が捨て台詞を吐いてから話を終わらせないと気が済まない。


議論というのは自分の意見や他人の意見を相互に行い、
合意点や結論に到達しようとすることですよね?


彼らは掲示板をディベートの場と勘違いしているんじゃないのかのう。


プライドの高さからか、自分達は正しい、間違いなんてないと
思い込んでるから余計にタチが悪い。


さらには彼らの意見に反する書きこみは一口同音にレッテル貼りを浴びさせ
排除しようとするわけじゃな。


最終的にはただの揚げ足取りになって相手を不快にさせることに終始しますよね。


彼らの特徴としては常に他人に見下した態度をとることじゃ。


もしかしたら、実生活ではいつも劣等感を感じているので、
対象を攻撃し見下して優越感に浸っているのではないでしょうか?


それはあるかもしれんのう。ただ、それが何故右翼思想に走るのか疑問じゃ。


私が思うには、自分の将来が不安で期待がもてないので、
右翼思想を撒き散らし、自国を戦火に巻き込んで、
不幸のどん底へ他人も巻き添えにしたいと言う浅ましい考えがあるのではないでしょうか。


なるほど。彼らが盛んに憲法の改正を求めているのもその為じゃな。


彼らもそんな愚かな考えを持つ前に、藤子・F・不二雄先生の
短編『あのバカは荒野をめざす』を読んで前向きに人生を歩んでほしいものです。


まったくじゃ。






【関連エントリー】

  • ネット右翼なのだ
  • 世論調査なのだ
  • もっとネット右翼なのだ
  • posted by うぇすと at 03:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 右翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    他に何もない人たちだから、他人を貶めることによって自己の存在感を確認したいのでしょう。
    ネットというバーチャルな空間は、そうしたヘンな人たちにとってはまさに最適な場所!

    「やらせておいてあげましょうよ!他にする事がない、かわいそうな人たちなんだから…」

    ネトウヨの被害に遭ったグラドル眞鍋かをりさんの慈悲深い言葉が滲み渡ります。
    Posted by at 2006年09月09日 05:16
    ご来場、コメントありがとうございますm(_ _)m

    眞鍋さんをはじめ、ネットウヨクの標的にあった人達には本当に同情します。
    Posted by うぇすと at 2006年09月12日 03:30
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。